2013年11月11日

カキフライランチ@MARUAKA DINING 悦(えつ)

小石川で所用を済ませて、両親とランチ。最近時々行くという、マンション2階にある「悦」というお店へ。

1111昼.JPG

カキフライランチ 1,000円

湯島に本店がある魚屋の名店、丸赤商店のダイニング部門だそうで、最寄り駅は茗荷谷。
駅からちょっと歩きますが、たいした距離ではないし、大通り(春日通り)に面しているので迷いません。

1階には、丸赤の支店があって、魚を売っています。
新鮮具材がすぐ手に入るダイニングということですね。

ランチの開店時間11時半より10分ぐらい前に着いてしまい、ドアの前でぼさーっと立っていたら、お店の方が気づいて中に入れてくれた上に、お茶も出してくれました。
恐縮しつつ、80代の両親二人は長く立っているのもなかなか大変なので、こういった気遣いはありがたかったです。

向かい合える座敷っぽい席もありましたが、すっきりしたカウンターに3人並んで座りました。
セルフうどん屋さんみたいな席の作り方なんだけど、「お一人様」が入りやすくて良いな。
実際、女性一人のお客さんも何人かいました。

ランチはたいてい3種類用意しているとのことで、当然「魚」メイン。
その日に入った魚によって決めているとか。
「焼」「煮」「揚」、たまに「生」(刺身、海鮮丼など)もあるそうです。

この日は、3人とも「揚」のカキフライランチを。私は今年「初・牡蠣」
産地は三重(伊勢湾)で、小ぶりですが、旨味が凝縮しており、とても美味しかった。
もちろん、揚げたてアツアツで、香りも良かったです。
おしゃべり家族が、なんだか無口になって、もくもくといただいてしまいました。

なんてことない副菜である、切り干し大根煮や白菜漬の味も、濃すぎず甘すぎずで良かった。
丁寧にきちんと作られている気がしました。

お茶も美味しかったし、大変満足なランチでした。
そうそう、フライものって、油が古かったりすると後から胃にもたれて辛いのですが、そういったこともなかったです。

ボリュームはそれほどないので、「がっつり食べたい」人というより、「ほどほどの量で良いから、美味しいものを食べたい」人向けだと思います。


魚介・海鮮料理 / 茗荷谷駅江戸川橋駅

昼総合点★★★★ 4.5



posted by 駄々猫 at 22:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食:非日常(グルメ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

レタスチャーハン@熱烈上海食堂

24日の夕食記録。

0824夕.JPG

レタスチャーハン  900円

お昼に中華街で食べているのだから、夜はサンドイッチ程度にと思っていたのに。

雑司ヶ谷で夕食となると、ほとんど選択の余地がない。
しかも時間がなくて、場所も限定されちゃったので、知っているお店ってことで。

レタスがシャキっとしていて、すごく美味しいのだけど、量が半端なくて、最後の方は辛かった。
コスパ良すぎ。 勿体無い、こういうのって勿体無い。
二人でシェアしていたら、「うひょー、美味美味!」で終わったであろうに。

この店は、タンタン麺も美味しかったし、マーボーも美味しかったし、今のところハズレなし。
リーズナブルな価格、混雑していても何とか詰めて座らせてくれるホスピタリティも好きだな。

posted by 駄々猫 at 12:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食:非日常(グルメ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

海鮮そば&ごまあんまん@広州名菜 聚英

Aちゃんと横浜デート。中華街でランチをすることに。
おかゆの有名店は14時過ぎでも人が並んでいたので、道を歩きながら、入りやすそうなお店を探した。

015.JPG

海鮮そば 1000円

店内の写真を見て、具が大きく、澄んだスープが美味しそうだったので、二人で同じものを頼む。
「そんなに大きくないよ」と言われ、確かに小振りのどんぶりだったけれど、食べてみたら充分な量でした。

エビとイカが大きくてぷりっぷり。ほたても大きくてジューシィ。
麺は細めんだが、シコシコと弾力があって、食べている間にのびたりしなかった。

にごりのない、あっさり塩味のスープなのだけど、これがまた美味しい。
「ラーメンのスープって、飲み干さないけれど、これは飲みたくなるね」と、れんげですくって、全部いただきました。
Aちゃんも同意見で、綺麗に完食。

惜しむらくは、しいたけが冷凍だったのかな? ぬるくて、あまり美味しくなかった。
青菜だけでも良いのにな〜と思いました。

017.JPG

ごまあんまん 300円

せっかくだから、何か点心デザートをと、ごまあんまんを注文。
メニューには、400円と書かれていたけれど、大きさが代わったそうで、1個300円になったとのこと。

そばが小さめということで、多少大きくても大丈夫だろうとお願いしたけれど、本格的に大きかったので、お腹が苦しくなった。

味はとても良かった。ごまの香りがふわっと拡がって、あんがみっちり詰まっていて。
お店の方が「本物のごまあんまんですよ。(混ぜ物などして)のばしていないから。」とおっしゃっていましたが、確かに濃い味わいでした。皮も美味しかった。

小さな間口のお店だけれど、味も居心地も良く、お客さんに気さくに話しかけるお店の方のホスピタリティーもあいまって、「この店選んで大正解!」
四川料理と違って、辛くなくて、胃に優しいのもありがたかった。
また行きたいお店です。

*****   *****   *****

半年前ぐらいの約束をやっと果たして、Aちゃんと横浜デート。
みなとみらい駅で待ち合わせをして、まずは神奈川近代文学館へ。
「賢治+司修注文の多い展覧会」開催中で、クイズラリーに参加しながら、展示を堪能。

思っていたよりずっと楽しくて長居してしまい、13時半を過ぎた頃、やっと中華街へ。
ランチ後、伊勢崎町方面へ歩いて腹ごなし。
観光客にふさわしく、商店街にあった「伊勢崎町ブルース」の歌碑ボタンを押して曲を流してみたりしつつ、なぎさ書房の店頭均一に釣られる。
均一台を見ていたら、珈琲の香りが鼻をくすぐり、香りに惹かれて「まめや」へ。

焙煎したて、淹れたての珈琲を味わい、古書店2軒を冷やかしながら、たけうま書房へ。
半年以上ぶりで、新しい本棚が入ったこともあり、かなり店内が変わっていたし、本の量も増えていた。

帰りは歩かず、黄金町から電車に乗って、雑司ヶ谷へ。
ポエカフェ前に、ちょっと腹ごしらえをしたかったが、ちょうど良い店が近辺になく、まさかの連続中華に。
雑司ヶ谷近辺に、ドトールとかベローチェとか立ち食いそばとかうどん屋とか欲しい。

美味しいんだけど、ものすごく量の多いチャーハンで、ポエカフェフードがどうしても食べられないという事態に陥り凹む。
しかも、月の使者訪問中ってこともあってかお疲れマックスで、せっかくのポエカフェだってのに、途中で意識朦朧としたり。
やっと(今更ながら)pippoさんの朗読CDを全部揃えられたことは良かったけど。

教訓1>スケジュールは無理なく組みましょう、欲張らないこと
教訓2>お腹が鳴ることよりも、胃を痛めつけることを避けよう(お腹が鳴るのを心配して、無理に食べない)

●ごはん記録●

<朝食>
酵素ドリンク

<ランチ> @広州名菜 聚英
海鮮そば
ごまあんまん

<おやつ> @まめや
コーヒー

<夕食> @熱烈上海食堂
かにとレタスのチャーハン


posted by 駄々猫 at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 外食:非日常(グルメ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。