2013年11月25日

カリーパン@中村屋

東武百貨店の期間限定コーナーにお店が出ていたので購入。

1126カリーパン.jpg

カリーパン 160円

すんごく久しぶりに食べた。
カレーじゃなくてカリーパン、なんだよね。
入っているカリーが、豚肉や挽肉じゃなくて、チキンカリーなのが嬉しい。

パンはちょっと油っぽいけれど、美味しくいただきました。
病み上がりには、ちょっと刺激が強かったかな?

相方にはピロシキを。肉肉していて美味しかったそう。

*****   *****   *****

なかなか治らず、辛かった風邪が、やっと「治ってきた」ので外出。
プレモノで当選したシャンプーセットをゲットしに指定のドラッグストアまで。

ついでに税金支払いや贈り物購入などの用事も済ませる。
けど、まだ本調子ではないので、あまりブラブラしないで帰る。
コメダコーヒーに行ってみたいと一年ぐらい思っているのだが、まだ果たせずにいる。
タイミング悪いんだよねえ・・・。

雑司ヶ谷つーしんさんにいただいた柿、お腹壊さないように、1/4ずついただく。
一週間置いておいたので、少し熟したかな?
甘味があって、美味しい。ご馳走さまです。

●ごはん記録●

<朝食>
酵素ドリンク
蒸しさつまいも
柿 1/4

<ランチ>
おかゆ (ごはん、からし菜、ねぎ、かぶ、しょうが)

<おやつ>
くず餅

<夕食>
柿 1/4
中村屋のカリーパン
ごはん 1/2杯
大根と油揚げの味噌汁
大根葉炒め
菜花おしたし
紫大根塩もみ
ゆでカリフラワー
トマト&セロリ

posted by 駄々猫 at 22:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パン・ベーカリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

トマトパン他MAHL ZEIT (マール ツァイト)

実家の近くにいつのまにかできていたパン屋さん。
両親はハードパンを食べないため、ノーチェックだったらしい。

0806昼.jpg

MAHL ZEIT (マール ツァイト)のパンたち

どれも小ぶりだけど、重みがあって、ぎゅぎゅっと詰まっている感じ。
しっかり噛んで、ゆっくり味わいながらいただく。
見た目だと、3,4個食べられそうなのだけど、2個で結構お腹が膨れます。

こだわりのパン屋さんって、小さめでも結構お高かったりするけれど、ここは良心的な価格で、その点も嬉しい。

トマトとよもぎ&クリームチーズを食べて、ちょっと休憩してから、ドライフルーツ入りを食べた。
トマトはしっかりトマト味。よもぎは割と薄味で、チーズも少な目でやや淋しい。
ドライフルーツは、とってもハードながら、好みの味だった。

形に惹かれて思わず買っちゃったシナモンは明日のお楽しみ。

私はハードパン好きなので、かなり気に入りましたが、本当にハードなので、あごや歯が弱い人には向かないでしょう。

*****   *****   *****

蒸し蒸しな一日。
相方が帰ってくるまではと、クーラーなしで過ごしていたが、体がべたべたになった。

パルシステムのレシピで、ブルーベリージャムを煮てみたが、甘すぎる・・・次回は砂糖控えめで作ろう。
フローズンヨーグルトにもチャレンジしたいけど、今、宿題溜まってるんだよね(汗)
たいしたことしていないのに、一日が早すぎる〜!

早稲田古本村通信(メルマガ)を読む。
向井さんの「巻頭・言いっぱなし倶楽部」が素晴らしすぎて泣きそうに。
ああ、早く岐阜にも行かねば。

●ごはん記録●

<朝食>
酵素ドリンク

<ランチ> MAHL ZEIT (マール ツァイト)のパン
トマトパン
よもぎ&クリームチーズ
ドライフルーツ入り
トマト&きゅうり
豆乳

<おやつ>
ブルーベリー&ヨーグルト

<夕食>
ごはん
にがうりと厚揚げのカレー
つるむらさきのおしたし
うり塩もみ
もずく
ミニ茶碗蒸し


posted by 駄々猫 at 22:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | パン・ベーカリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

久里洋二イラスト付大福あんぱん@キノ×コン

キノ×コン! 会場で、イラストに惹かれて購入。

012.JPG

久里洋二イラスト付大福あんぱん 200円

渋谷で2日間開催された、キノ×コン! というイベント限定で販売されたもの。

映画&トークショーの整理券を貰って入場待ちをしていたら、昔の映画館にいた「食べ物売り」に扮した可愛い女の子たちがいて。首から木箱を提げて食べ物を売っているようなので、思わず覗いてみたら、これを見つけた。

「何か見たことあるイラストね〜」と話しかけたら、このイベントのために、久里洋二氏がイラストを描き、焼き印型を作り、大福あんぱんに押印?したものだという。
普通のあんぱんよりはちょい高だけど、「限定品」にしてはお安い気がした。
調べてみたら、普通に売っている「大福あんぱん」と変わらないじゃない・・・誠実すぎる商売(?)

大福あんぱん、「キムラヤ」と書いてあったので、銀座のキムラヤかと思いきや、福井県鯖江市のヨーロッパンキムラヤ、でした。銀座キムラヤで修行した初代が、のれん分けされて鯖江市に昭和2年に開業。現在3代目のようですが、2代目が久里氏の従兄弟だそう。
そういう関係で、この限定あんぱんができたってことかな?

帰宅後いただいたら、大変に美味しく「し、しまった、もう一個買っておくべきだった」と激しく後悔。
あーーーもうやだ〜(悲しい顔)
まあ、ネットで買えるみたいですが、こういうのって「その場で買う」方が喜びが大きいんだよねえ。

*****   *****   *****

毎月楽しみにしている、名画座(邦画中心の)情報フリペ「名画座かんぺ」
製作者の、古書往来座店員のむみちさんがトークをするというので、早々に前売りを買って、ずっと楽しみにしていた。

朝から「うーむ、よろしくないな」という体調で、うっかり明治神宮前で降りてしまうなどというトラブルもあったが、何とか渋谷に辿り着く。上り坂がいつもに増してキツかった。知った顔が大勢詰めかけていて、のむさんの人徳だなあと思う。

まずは、増村監督作品『くちづけ』鑑賞。今年の初・映画。
恋愛ものがあまり好きではない上に、大袈裟に感じられる演技にシラケ気味で、前半はあまり楽しめなかったが。物語が展開していく中盤から、俄然面白くなった。「その時代の若いカップル」のデートってこんなんだったんだなあ、とか。タバコ屋みたいなところの黒電話が公衆電話だったのか?とか。主人公の母親が住んでいる高級アパートは同潤会アパートみたいなものかな、とか。
白黒映画だけれど、当時のファッションもわかって面白い。ワンピース、ノーヘルで横坐りでバイクに乗っていたら、今なら捕まるよね。水着撮影会なんかもあったんだなあ。
王道展開なんだけれど、それが似合う映画だったし、すったもんだの挙句、とりあえずのハッピーエンドっぽい終わり方にもホッとした。
川口浩って、探検だけじゃなかったんだ・・・ < すみません、こんな認識で。

のむさんのトークは、半分ぐらいは「復習」だったけれど、途中から登壇した「ミニシアターかんぺ」のお二人との馴れ初め?などは知らなかったので、楽しく聴けた。「皆さんも、それぞれ何か作ったりして、皆で名画座、映画を盛り上げて行けたら良い」という意見には大賛成。
ただ、体調がどんどん悪化していくのがわかったので、どうにも落ち着かず・・・集中力には欠けていた、無念である。

元気があれば、夜の西荻ブックマークにも参加したかったが、知人たちへの挨拶もそこそこに、そそくさと帰って、即効寝た。3時間ぐらい寝て、鉄分補給をしたら、だいぶ楽になりました、ほ。

●ごはん記録●

<ブランチ>
玄米パン+レバーペースト
りんご
紅茶
野菜ジュース

<夕食> 
ケンタッキーフィレサンド
チキン1ピース
ポテト
大福あんぱん 1/2
紅茶

posted by 駄々猫 at 23:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | パン・ベーカリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。