2013年12月08日

宇都宮餃子を食べに行く

前から計画していた「女4人で宇都宮餃子を食べに行く会」を実行。
メンバーは、古本仲間の、ゆず虎嘯のお二人、どんぐりちゃん、私。
tora(ゆず虎嘯K)さんが、ライブ観戦で何度か宇都宮に来ていて、餃子事情にも詳しいということで、今回の旅のほとんどの計画を立ててくれました、感謝。
風邪抜けず、喉の調子は相変わらず悪かったけれど、熱や鼻水がでなくて良かった。

栃木県宇都宮、通勤している人もいるけれど、私にとっては「関東甲信越小さな旅」レベル。
まあ、ほとんど初めての場所だし。(一回ぐらい駅に降りたことがある、かなあ?)

宇都宮は餃子の街として、長い間「餃子消費量日本一」を誇ってきたのだけど、2011年、東日本大震災の影響で浜松に王座を奪われ、昨年巻き返しを図ったものの惜敗。
宮の天狗様を指示する私としては何とかお役に立ちたいわけで、宇都宮餃子の売上に少しでも貢献すべく出かけたわけです。

古本仲間ながら、この旅に関しては、ひたすら「食」中心だったので、旅先飲食スタイルで「だだめし」に記録。

9:59、toraさんと池袋駅から湘南新宿ラインのグリーン車に乗る。
初めて、普通列車のグリーン券というものを買い、二階建ての車両に乗りました。興奮!
すでに新宿から、yuzuponさん(ゆず虎嘯Nさん)、どんぐりさんが乗っていて飲食も始まっていた。
yuzuponさんから、旅土産をいただく。

045.jpg

おいもぽっくる&松風

「高千穂と阿蘇に行ってきた」そうな。
話すことは次から次へとあり「女3人寄ればかしましい、確かに!」といった感じで、約2時間はあっという間。11:46、宇都宮到着。

キオスク横に、地元の野菜やお菓子を売っている店があり、草餅をみつけて「あんこなしって珍しいよね、買お」とtoraさん。つられる3人。

003.JPG

草餅 あんこ包み&あんこなし (各120円)

駅前の餃子像で記念撮影をし、バスに乗って、宇都宮の色々な餃子が一度に食べられるという餃子テーマパーク「来らっせ」本店へ。

まずは、曜日によって登場店が変わるという、日替わり店舗ゾーンへ。
日曜担当のお店の餃子だけでなく、一つ一つ違う店の餃子がのっている「盛り」セットもある。
餃子の特徴(野菜多め、とか、卵使用、とか)を書いた一覧表もあり、選ぶ時の参考になる。

ごはん、スープなどもセットにできるし、他メニューもあるのだが、私は今回、あえて「餃子のみ」で。

014.JPG

A盛り(6店の餃子が一個ずつ) 350円

青源、アトム、宇都宮餃子館、宇都宮ねぎにら、鵜の木、餃子会館の6店盛り合わせ
私は、肉が多いのが苦手で、野菜多めのさっぱり系が好みなので、鵜の木のしそ餃子が一番美味しかった。

「盛り」で味を確認してから、あらためて注文するのも良いかも。
とはいえ「盛り」に乗っている店が、その曜日にあるとは限らない。(鵜の木は月曜登場)
お土産選びには便利かも。

015.JPG

味一番 260円

メニューの説明>皮は弾力がありもちもちで、アンはアミエビと味噌を加えて奥行きのある旨み(※エビ使用)
肉肉しておらず、エビの風味が新鮮に感じられた。さっぱり目、美味。
それぞれが選んだ餃子を分け合ったのだけど、皆にも評判が良かった。

ごはんも食べず、餃子もそれほどジャンボではなかったので、12個食べて、腹五分目ぐらい。
餃子像の顔出しがあったので、すかさず顔出し。yuzuponに撮影してもらい、FBでシェアすることに。
同じエリアにある土産物ブースなどを冷やかし、「これ、いやげ物?」「餃子手拭い可愛いね」「天狗様のバッジが!」等々騒ぎ、それぞれ何かしら購入。

行列が短くなっていたので、同じく「来らっせ」の常設店舗ゾーンへ。
フードパークみたいになっていて、それぞれの店で会計をし、テーブル番号(orカウンター席番号)を言って、持ってきてもらう仕組みだった。

025.JPG

さつき ゆず餃子&しそ餃子 300+350円

野菜多め、風味の良い餃子、という手堅いチョイスで、飽きることなく美味しくいただく。
どちらもさっぱり系で小ぶりなので、するする入る。
ゆず虎嘯の二人に「ゆず餃子」を食べさせ「共食い」とからかう。

022.JPG

toraチョイスの水餃子

皮が厚めで美味しい。大根おろしでさっぱり。

024.JPG

yuzuponチョイスのめんたいチーズ餃子

餃子自体は普通に美味しいが、なぜめんたいチーズがけ・・・微妙。

どんぐりは、分けづらいスープ餃子だったので、シェアせず。
ジュースを飲み、10個食べて腹八分目。

「ちょっと歩こう」「カロリー消費しないと」と、二荒山神社へ。階段が急で「うおっ」と思ったけれど、たいした段数ではなく、あまり運動にはならなかった。その後、オリオン通りをブラブラする。あんなに食べたのに、お土産物屋でパンやクッキーを買う。

広場みたいなところでは、北方領土に関する展示やクイズラリーをやっていた。
ゆるキャラ?エリカちゃん(エトピリカらしい)と記念撮影し、ラリーに参加してノートろボールペンをもらった。一人だったらやらないだろうけれど、皆でやると結構楽しい。

「口をさっぱりさせたい」「珈琲飲みたい」と下野新聞がやっているニュースカフェへ。

大谷石のゲート、益子の陶器破片を使った壁面オブジェなど、地元らしさをアピールしつつ、すっきりと心地よい空間になっていて、とても居心地が良かった。
大画面にニュースが流れ、各テーブルには下野新聞が置いてあり、読むことができる。

珈琲(小).jpg

ホットコーヒーS 320円

セルフ方式のカフェだが、美味しいコーヒーだった。
Sでもたっぷり量だったのも嬉しい。
餃子自体はそれほど脂っこいとは思わなかったけれど、やはり油は使っているわけで、口の中がサッパリした。

17時を過ぎた頃、toraさんいわく「いつも並んでいて断念する」という正嗣(まさし)へ。
「夕飯前早め」という時間の読みが正しかったようで、ほとんど待たずに入れた。

040.JPG

焼餃子 210円

041.JPG

水餃子 210円

安い・・・「小ぶり」と書いてあったけれど、そんなに小さくもない。
で、バランスの良い味わいで美味しい。
度肝を抜く美味しさではないのだが、いくら食べても飽きない系の安定した味。

水餃子、あえて「なにもつけずに」いただいてみたが、スープの薄い塩味だけでも充分良いお味。
どんぐりが「お腹一杯だよお」と言うので、1個いただき、計11個で、腹九分目。結局、合計で33個食べたってことかな?

待ち行列ができていたので、食べ終わってすぐに出て、腹ごなしに駅まで歩いた。
駅売店に残っていないと困るという理由でコンビニでレモン牛乳を買い、駅ビル内の土産物屋でまたパンを買う。だって、鹿沼のベッカライのパンがあったのだもの!

皆がお酒を買うと言うので、飲めない私はスタバ珈琲。
写真忘れた・・・本日のコーヒー(ガテマラアンティグア)を。

19:07、宇都宮発。
帰りはグリーン車ではなかったけれど、yuzuponさんが熱心にボックス席を探してくれて、お酒とコーヒーで乾杯しつつ、「あんだけ食べたのに」それぞれ「別腹」なものを喰らう。

toraさんのチーズはともかく、お腹一杯で餃子食べられなかったどんぐりの焼鳥とサラミは一体・・・?!
私は、朝買ったあん入り草餅をいただきました。
お腹がくちくなって、赤羽まで爆眠。連れがいると寝過ごす心配がないから、安心して眠れるなあ。

帰りがtoraさんと一緒だと、最寄り駅が同じなので「バイバイ」後の淋しさがあまりなくて良い。

古本関係の人と、本以外のことで出かけることってあまりなかったけれど、今回の小さな食い倒れ旅、楽しかった〜♪
またの機会がありますように(祈)


posted by 駄々猫 at 23:45| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅先・イベントで食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

石巻2泊3日古本市旅■1日目に食べたもの

旅の間の「ごはん」(おやつ)は、通常とスタイルを変えて記録します。

1日目、8時40分、新宿駅西口から、仙台経由石巻行きのバスに乗り、15時半過ぎに石巻駅前着。
チェックインを済ませ、石ノ森章太郎萬画館へ。翌日オープンのまちの本棚を覗き、一人ごはん。宿へ戻り、古本市の準備の最終仕上げ。<終わってなかった

<ランチ>

003.JPG

神戸屋キッチンのサンドイッチ 500円ぐらい

新宿駅構内で購入。
レタスがたっぷりなのが嬉しかったが、保存料他いろいろ入っていた。
バスの車内で食べるには、この形状が食べやすくて良かった。

<夕食> @まきいし

ほたてとあさりの釜飯&あおさ味噌汁 800+110円

季節限定の、旬メニューらしい。普段のメニューには書かれていなかった。
せっかくなので、それをお願いした。
「お時間、15分〜20分ぐらいかかりますけれど、良いですか?」「はい」

029.JPG

このような釜と燃料がセットになって出てきた。
燃料がなくなるまで、美味しそうな香りに鼻をくんくんさせながら待ち、出来立てをいただくという趣向。
私は、萬画館で買ったばかりの「まんがったん」を読みながら待っておりました。

030.JPG

出来立てアツアツ!
大きくはないけれど、海の香りがするほたてとあさりが散らしてあり、ほんのりついた「おこげ」も嬉しい。
量は、男性仕様なのでしょうか、私には充分すぎるぐらい。

031.JPG

おつけものはセットで。ちょいと塩気が強い。
味噌汁は別注文だけど、あおさの味噌汁にしたら、あおさが「これでもか!」と入っていた。

リーズナブルな値段と充分な内容で、何より「出来立てアツアツ」なのが嬉しかった。
ご馳走さまでした。

まきいしさんは、ハンバーグも美味しいらしい。
またの機会があったら、今度はハンバーグをいただきたい。
posted by 駄々猫 at 23:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先・イベントで食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

みかこさんのチキンライス@千成ほおずき市(駒込大観音)

昨年は行けなかったので、一年ごしのリベンジ。

0710昼.jpg

みかこさんのチキンライス 400円

古書ほうろうのみかこさんが作るチキンライス。
とても美味しいと評判で、食べたくて仕方なかった。

毎年、駒込大観音(光源寺)の「ほおずき千成り市」の時にだけ、屋台で販売。
夏の2日間だけなので、夏嫌いの私はなかなか行けず・・・やっと、今日、重たい腰をあげたのでした。

しっかり盛られたごはんに、食べやすい大きさの煮込みチキン(&ピーマン)が載せられ、パクチーがふりかけられる。
日陰のベンチではあっても、午後3時過ぎ、汗だくになりながら、いただきました。

エスニック風味。でも、辛すぎない、濃すぎない味付けで、お子さんでも食べられそう。
胃に優しい味でした〜美味しかった、ごちそうさま。

暑い中で、かき氷などの冷たいものをいただくのも良いけれど、あえて「暑い中で熱いものをいただく」のも良いものです。
まあ、たれてくる汗が拭けなくて、塩気が混じってしまったりしますが。

*****   *****   *****

今日も暑かった。寝ていて汗だくになるので、耐え切れず、朝からクーラー。
それでも、なかなか起きられない。
昨晩もやたらと眠かったし、そろそろ月の使者の到来か?

一箱本送り隊の、石巻まちの本棚に置く用本にコメントをつけ、持って出かける。
団子坂を登るのが辛いので、10冊の本を持ったまま、駒込大観音ほおずき千成り市へ。

チキンライスは「あと10分」ということで、ライブを見たり(こういうのがあると、時間調整ができて有難い)、福祉作業所のパンを買ったり。
手作りクッキーを売っているお店で、ジンジャーエールが飲みたかったが「まだ用意できてないんです〜ごめんなさい」で残念。
14時スタートで、20時までなので、盛り上がるのは18時過ぎなのかも知れない。

できたてチキンライスを食べていたら、青秋部長&副部長、文庫善哉さんに会い、少々話す。
坂を下って、古書ほうろうへ。店番中の南陀楼氏に、本を渡し、買い物。
予約しておいた、萬福亭珈琲も受け取る。
ここまで来たらと、古書信天翁にも行き、涼みながら本を選び、みちくさ市の話など。

谷中商店街の惣菜いちふじで、揚げ物を買って帰ったのでした。
この店、撮影禁止なのだけど、売っているものがとにかく安い。
でもって、驚きの大きさ、チキンフライの写真は明日。

家についた時には、足の裏が痛く、服は汗で重たく、自分の汗臭さも気になり、風呂へ直行。
汗をかいた後のシャワー、お風呂って、本当に気持ちが良い。

●ごはん記録●

<朝食>
トースト+クリームチーズ
トマト&きゅうり
レモンはちみつ+炭酸水

<ランチ> @ほおずき市
チキンライス

<夕食>
ごはん
チキンフライ (惣菜いちふじ)
ごぼうだんご (惣菜いちふじ)
千切りキャベツ
トマト&きゅうり
もずく
すいか

posted by 駄々猫 at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅先・イベントで食べたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。