2014年06月28日

モラタメで当選★ハウスの「ザ・ホテル・カレー」

カレーは大好物なのですが、レトルトカレーは脂肪分が怖くて、滅多に食べなくなりました。
栄養士さんから「あれは、油を飲んでいるようなものよ」と言われたので・・・。
それでも、たまに食べたくなるものです。
今回、「なめらかソース」「大人のためのカレー」という文言に惹かれて応募し当選ぴかぴか(新しい)

00mc1.jpg

ザ・ホテル・カレー3種+ザ・ホテル・ハヤシ

ザ・ホテル・カレーシリーズは、美味しさがとけ込んだ艶のあるなめらかソースが特徴です。
3種とも、約6分の1になるまでじっくり炒めた玉ねぎ、 じっくり煮込んだブイヨン、特製カレーパウダーがベースになっていて、スープとまではいかないけれど、もったりとはしていません。

なめらかなだけに、たとえば、ごろごろのじゃがいもや大きな肉片は入っていませんが、すべての材料がソースに溶け込んでいるような、深みのある味でした。

00mc4.jpg

合いがけカレー:2種類のソースを2人でシェア

相方の希望で、カレー(まろやかリッチ仕立て)とハヤシの合いがけに。

6月12日の「恋人の日」にあわせての送付で、「恋人時代に戻った気分で、リッチなホテルカレーでいつもと違う時間を演出」するはずが、二人共お腹がすいていたし、濃厚なソースでごはんが進み、がつがつ食べてしまいましたふらふら

まろやかリッチ仕立ては、「カレーパウダーをブレンドした艶のあるなめらかソースにバターや生クリームの濃厚なコクでまろやかに仕上げたカレー」

確かに、とても濃厚でクリーミィな、欧州カレーのような味わい。
説明にも書かれていましたが、このソースは家では作れない、というか、作ろうとすれば原材料費が大変だろうし、煮込み時間も半端ないだろうし、作りません。
欧州カレーの店で良く出てくる、ふかしたじゃがいもと一緒にいただいても良かったかも。

ザ・ホテル・ハヤシは、「ブランデーと赤ワインで香りづけした特製デミグラスソースと焦がしバター濃厚なコクと香り」

私はお酒が飲めないせいか「お酒がすごく効いてる!」と思いましたが、相方は「甘味が出ていていいなあ〜」ぐらいしか感じなかった模様。
こちらも、なめらかソースで、大きな具はあまり見当たらないながら、他のハヤシ系レトルトに比べて、マッシュルームと肉片が結構たくさん入っていました。

いずれも濃厚な味わいだったので、「野菜が足りない」と思ったら、ゆで野菜や揚げ野菜にかけて、スープカレーっぽくしていただいても良かったかも。
続けて食べていると、コクがありすぎるので、つけあわせにコールスローとマリネ(いずれも酸味がある)を用意し、発泡水を添えたのは正解でした。

芳潤ワイン仕立て、芳香スパイス仕立ては、別の日に、それぞれシェアしつついただきましたが、やはりいずれも「濃厚な味わい」でした。

ワイン仕立ては、ワイン好きにはたまらないかも知れませんが、私は苦手でした。
ハヤシならともかく、カレーとワインはあまり合わないような気がします。

一方で「芳香スパイス仕立て」は、もうちょっと辛くても良いのになと思いつつも、スパイシーな香りも楽しめたので満足。私は、これが一番気に入りました。
相方は、カレーでも甘党なので、ワイン仕立ての方が食べやすかったとのこと。
一番好きなのは「ハヤシ」

味の好みはともかくとして、いずれも濃厚なコクや香りが贅沢な感じで「大人のためのカレー、ハヤシ」に違いありません。
カロリーも高そうだし、続けて毎日食べたら胃もたれしそう。
そんなところも、「ホテルのご馳走」に似ているかも知れません。
欧風カレーっぽい点も含め「ホテル・カレー」というネーミング、あっていますねexclamation

ハウス食品「ザ・ホテル・カレー」ブランドサイトは >>> コチラ

モラタメは、色々な商品を「貰ったり」「送料程度で試せる」サイト。
コメント投稿やトラックバックでポイント(換金可)も貯められます。
ブログを持っている方が有利だけれど、なくても参加できるので、興味ある方はどうぞ↓




posted by 駄々猫 at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お試し(モラタメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/400513097

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。